技術者紹介

代表取締役 谷口 富男(大阪府出身)

■自己紹介
 25年のサラリーマン技術者を経てPro-Xを設立。
専門学校卒後3年間は、3交替勤務でプリンターから出力される用紙の整理ばかりで毎日が夢も希望も無く、何とも言えないツマラナイ日々を過ごしていたが、 自力でプログラムの勉強をしてCOBOLを覚える。それからは正直、お客様の要望に応えるプログラムを作る事が楽しくて、 そのうちにお客様の要望以上の提案をする事の方がもっと楽しい事がわかった。
 それが今思えばSEへの原点だったかも知れない。サラリーマン時代は「俺が・・・、俺が・・・」とかなりの自信家だったが、 Pro-Xを設立して「おかげ様で」と言う言葉が身にしみます。

■趣味・・・・・・ゴルフ、麻雀
 ・ゴルフは月に1〜2回でここ20年間は100前後のスコアを維持している。
 ・上田桃子の生まれる前からの経験者だがイマイチ進歩がない。
 ・麻雀は覚えてから結婚するまでの10年間は土曜日の徹マンを休んだ事なし。
 ・こちらの実力はかなりのものだったが、現在は月一程度で運あるのみ。

■好きな言葉
「ピンチはチャンスなり」・・・何かピンチの時は俄然ファイトが沸く
「谷深ければ、山高し」・・・落ち目の時に自分を励ます言葉
「棚からぼた餅」・・・思いがけないラッキーってメチャ嬉しいじゃないですか?

■好きでない言葉
「努力・必死」
 努力する事は大切と思うが何か嫌な事を我慢してまでするようなイメージがある。 必死は必ず死ぬと書く漢字が良くない。ならば、「一生懸命」が言葉として、漢字として好き。

■理想の女性・・・・・・バカボンのママ(理由は省略)

■1日のスケジュール
9:00〜10:00(出社)
  ・ コーヒー(ミルク有り、砂糖なしで用意してもらえる)
  ・ 新聞ビジネスアイ 特に新商品ニュースリリースを好む
10:00〜12:00
  ・ 絶対に忘れてはいけない作業・・・給与振込み等の支払関係
  ・ 各プロジェクトの主要メンバーとの雑談(このコミニュケーションが重要)
12:00〜13:00(昼食)
   お好み焼き、うどん、中華、寿司、焼肉・・の繰り返し
13:00〜
  ・お客様への訪問
  ・緊急に対応しなくても良いが重要課題の検討(思案)
     →手を付けておかないと時間と共に緊急重要課題になってしまう。
         ・
         ・   等、日によってかなり毎日、違う事を行っている。
19:00〜21:00(このあたりで店じまい)

<< 前のページに戻る

MENU

introduce

行動指針
人として、社員として、成長を加速するための心得5か条です。

情報セキュリティ
「情報セキュリティ基本方針」を遵守し、お客様から信頼される企業を目指します。

個人情報の取り扱い
個人情報の重要性を重んじ、個人情報保護に関する基本方針を定めております。

facebook
Pro-Xの雰囲気をご紹介しております。社員たちの日々の様子などを配信しております。

MENU

introduce

『効一転』
『射打転』『有帳転』シリーズの流れを受け継ぐ業務支援パッケージです。

旧パッケージとの関連
旧パッケージとの関連をまとめております。

『PX-One』
Webアプリケーション開発をサポートするフレームワークです。

開発者インタビュー
パッケージ商品開発者のインタビューをご紹介しております。

Page Top